教育

オーストラリアで学校教員になるには?①

resume教育
この記事は約3分で読めます。

オーストラリアで学校教員になるには?

オーストラリアで学校教員になるには、働きたい学校がある州に登録する必要があります。今回は、クィーンズランド州で学校教員になる方法をご紹介します。

[学校の種類] 私立と公立の学校がある?

学校には、大きく分けて3種類あります。

  1. Government (公立系)
  2. Catholic (カトリック系)
  3. Independent (独立系)

クィーンズランド州では、どの学校で働く場合でも教員登録の手続きをとる必要があります。

クィーンズランド州の教員登録をするには?


日本の教育委員会にあたるのがQueensland College of Teachersです。このホームページに、必要書類や条件が書かれています。必要書類をそろえるのに日数を要しますが、教員登録が無事に完了すると、仕事探しが始められます。
これからお話しするのは、1. Government (公立系) の学校に関するものです。

雇用形態

  1. Casual (カジュアル)
  2. Contract part-time (契約非常勤)
  3. Contract full-time(契約常勤)
  4. Permanent part-time(正規非常勤)
  5. Permanent full-time(正規常勤)

以下、説明します。

1.Casual (カジュアル)

最短2時間のお仕事から、数日間(一日約5時間)のものもあります。登録機関に登録するか、働きたい学校に直接働きたい旨を伝えます。登録機関からは、前日までに連絡がある場合と、当日の朝6時から7時頃に連絡がある場合があります。
仕事のオファーを受けて、学校にいくと、その日の授業計画が用意されているときと、用意されていない時があります。そのため、いつも単発でできる授業計画、アクティビティー、プリント等を持参することをおすすめします。

2.Contract part-time (契約非常勤)

数週間のお仕事から1年くらいのものがあります。勤務の曜日が指定されている場合と、相談に応じてもらえる場合があります。

3.Contract full-time(契約常勤)

数週間のお仕事から1年くらいのものがあります。週5日勤務です。

4.Permanent part-time(正規非常勤)

パーマネントポジションをえると、最初にGovernmentの学校で働き始めた日から7年後に、Long service leave をとることができます。勤務の曜日が指定されている場合と、相談に応じてもらえる場合があります。

5.Permanent full-time(正規常勤)

パーマネントポジションをえると、最初にGovernmentの学校で働き始めた日から7年後に、Long service leave をとることができます。週5日勤務です。

まとめ

  • 働きたい州の教員登録先を見つけましょう。
  • クィーンズランド州の場合、Queensland College of Teachersで教員登録をします。
  • 学校の種類、雇用形態を知っておきましょう。

オーストラリアで学校教員になるには?②に続く…

タイトルとURLをコピーしました