教育 海外で子育て

オーストラリアで人気の習い事

教育
この記事は約4分で読めます。

パパやママが習い事について考え始めるのは、子どもが4、5才くらいになったときでしょうか。

自分が子供の頃はどうだったかな?

と、振り返ったことがあるとおもいます。

私も、子どものために、どんな習い事がいいか、本人が自分からやりたいというまで待った方がいいか、色々考えました。

では、オーストラリアで人気な習い事をみてみましょう!!

運動系の習い事

スイミング

オーストラリアでは、スイミングは大人気です!

生後4週間はレッスン無料」とうたわれるキャンペーンもあります。生まれたばかりの赤ちゃんがママやパパと水に浮きながら、気持ちがよくなって、お昼寝をしていた赤ちゃんがいました。見てたらなんだか感動します。

水に対する恐怖を抱く前に、始めることがいいようです。

3歳くらいになると、子どもだけでレッスンに参加します。それまでは、保護者もいっしょに水中へ入らないといけません。

1レッスン=30分

通常、インストラクター一人につき、3人から4人の子どもが一緒にレッスンを受けます。

プールサイドからの入水の仕方やプールからの上がり方を、毎回しっかり教えられていたのが印象的でした。

オーストラリアでは、プールつきの家がたくさんあります。

引用元: Domain

本当に小さい子供たちが、足の届かないほど深いプールで、自由に水遊びをしていて、とてもワイルドです。

私としては、身を守るための最低限の技術を伝授するおもいで、子どもをスイミングに通わせました。

トライアルを2ヶ所でしてから、子供の様子を見て選びました。

学校教育の一環として、スイミングを取り入れていない学校もあります。

学校の敷地内にプールがない場合、近隣の施設を利用することもあります。

武道

オーストラリアでは、様々な武道を習うことができます。

中でも人気なのは、空手とテコンドーです。

子供から大人まで稽古していて、道場が数多くあります。

ほかには、合気道、剣道、柔道、ブラジリアン柔術などがあります。

スポーツ

日本のスポーツ少年団のように、学校の校庭で、サッカーやAFL ラグビーが人気です。

ラグビーが好きな男の子は、それに対する情熱が半端ないです。好きであることを誇りに思っているのが伝わってきます。

野球の習い事は見かけませんね。

テニスをする子もいますが、家族がテニスをしているのがきっかけとなることが多いでしょう。

ダンス、バレエ

バレリーナは多くの少女の夢!!

女の子の人気ナンバー1の習い事ともいわれています。

どうしてバレーが人気なの?

幼稚園児に人気のWiggles という教育テレビ番組があります。4人組のグループで、そのなかにエマという女の子(女性)がいます。

子供に大人気のWiggles。エマは黄色い衣装の女の子。

エマはバレーが得意で、番組のなかでバレーの動きを子供たちに教えてくれます。

綺麗で、やさしくて、歌やバレーが上手なエマは、子供たちの憧れのようです。

音楽系

ピアノ、楽器

ピアノは個人レッスンになります。先生のおうちか生徒のおうちでレッスンをします。

小学3、4年生から、弦楽器や金管楽器を小学校、高校と学校で習うことができます。楽器を持っていなくても、レンタルできます。

学校で習い事ができると、送り迎えが楽でいいですよね。

学習系

日本語教室

これは、パパかママが日本人のご家庭は、お子さんを日本語教室のような習い事をさせることがあります。

土曜日の教室が多いですが、平日のものもあります。

詳しくは別の記事で紹介します。

公文

オーストラリアでも、KUMONはよく知られています。

通常、科目は英語と算数ですが、日本語教えている教室もあります。

アバカス

オーストラリアにそろばんの習い事があって、結構驚きました。

しかも、フランチャイズになっている大きな団体。

チェス

日本で将棋を習うように、西洋ではチェスが人気です。

論理的に考える力を鍛えられるので、賢くなるのでしょうか。

アジア系の子どもにも人気のようです。

まとめ

習い事にも種類がたくさんありますね。

そのなかから、子供の興味、費用、送迎、時間帯、評判などを考慮して、比較しながら決めるといいでしょう。

もちろん見学やトライアルを必ずすることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました