教師 教育 海外で子育て 留学

【オーストラリアの学校】水泳の授業

タスマニアのビーチ教師
この記事は約3分で読めます。

はじめに

オーストラリアの公立小学校における水泳の授業について、ご紹介します。

親子留学を考えている方。

オーストラリア在住のこれからお子さんを小学校に送られる方。

教員の方々。

海外の学校事情に興味のある方。

どうぞ読んでみてください。

オーストラリアのどの学校でも、水泳の授業があるの?

どの学校でも水泳の授業があるのか。疑問ですよね。

日本で学校によって、地域の気候や特長を活かした、異なる授業が行われているように、オーストラリアでは、水泳の授業の在り方が様々で、全くない学校もあります。

また、プレップという、小学一年生の前の学年から、入学してすぐに水泳の授業を始めるところもあれば、高学年のみ対象に授業を行うところもあります。

どうして、学校によってそんなにちがうの?

アルコ
アルコ

プールがない学校があるからなんですよ。

どうしてプールがないの?

現在、敷地内にプールがある学校は、大抵、結構むかしに建てられた古い学校なんです。

比較的新しい学校にプールがないのは、プールの維持費がかなりかかってしまうからだそうです。

電気代、水道代、メインテナンス代…といったところでしょうか。

アルコ
アルコ

悲しい事実ですね。。。

プールがある学校の水泳の授業

日本の私の母校は、体育が2時限続きでありました。時間でいうと50分+50分=1時間40分。十分に着替える時間があって、しっかり泳げました。

アルコ
アルコ

泳げない子や水が苦手な子にとっては、地獄の時間でした。。。

一方、オーストラリアには、体育専科の先生がいて、一例ですが、ある小学校では、水泳の授業は30分のみ

決められた時間に間に合うように、子供たちは水着に着替えて、並んで、担任の先生がプールまで歩いて送り届けます。

想像してみてください。30分なんてあっという間です!自分で何でもできる高学年の子供たちは問題ありませんが、プレップ(最年少は4歳半)の20人くらいの子供たちの場合は、大変なことになります!

こういう時、ボランティアの存在は欠かせません。

ティーチャーズエイドとよばれる教員のアシスタントが、水泳の授業にはいるのですが、加えて生徒のご家族からボランティアを募っています。

じゃあ、プールがない学校はどうしてるんだろう?

プールのない学校の水泳の授業

公共のプールを借りています。水泳の時間になるとバスで大移動!そうなると、全学年に水泳の授業をするのは、難しくなりますよね。

短期集中の水泳の授業をする場合もあります。

全くない場合もあります。

アルコ
アルコ

学校選びのひとつのポイントになるかもしれません。

学校指定の水着を買う!?

その必要はありません。

学校の制服のルールは厳しくても、水着に関してはそうでもありません。ビキニはだめですが、色や柄は自由です。

日本の紺色の水着を思い出すと、かわいそうになります。

キャップは絶対必要です。


まとめ

学校で水泳の授業があってもなくても、習い事としてスイミングは大人気です。

海に囲まれ、温暖な気候。プールやビーチで泳ぐ機会が多いオーストラリアの子供たち。

家族がいつも手の届く距離にいることが一番ですが、子供たちが自分の命を守れるように、ライフスキルを身に着けさせるために、スイミングスクールに通わせる親御さんは多いです。この考えは、日本も同じですよね。

今回は、学校の水泳の授業についてお伝えしました。

最後まで、読んで下さり、ありがとうございました。

よかったら、ほかの記事にも目を通してみてください。

タイトルとURLをコピーしました